50代におすすめの化粧品|様々な悩みに打ち勝つ商品選び

女性

老けない肌でいるために

老化物質を防ぐケア

タオル巻いている女性

肌の老化を進めてしまうものには幾つかありますが、最近注目されているのが糖化です。体内の余分な糖質とたんぱく質が結びつき、AGESという老化物質を作り出してしまいます。ちょどパンケーキなどを焼いた時にこんがりとおいしそうな狐色になりますが、この狐色こそAGESの実態で、肌の中でも同じような焦げが発生しています。肌はたんぱく質が占める割合が多いですから老化が進みやすくなってしまって、しわやたるみ、黄ぐすみなどがどんどん起こっていきます。改善していくためには、抗糖化作用のある化粧品をスキンケアに加えることです。AGESを作らせない作用のある成分が化粧品に配合されていますから、糖化を起こしにくい肌になれます。

植物由来の成分

肌の糖化を防いでくれる成分には、植物由来のものがたくさんあります。植物にはポリフェノールなどが豊富に含まれていますから、糖化物質を作られにくくしてくれて、コラーゲン生成を高める作用などがあります。効果のある成分としては桜の花エキスがあります。ある実験では肌に桜の花エキス入りの化粧品を湿布したところ、肌内のAGESの量が低下したという結果も出ています。糖化だけでなく酸化も一緒に防いでくれますから、アンチエイジング全般に効果的です。また、ハーブルイにも高い抗糖化作用があり、肌細胞や肌の組織が傷つくのを防いでくれて、回復を早めてくれます。どれも肌に優しい植物由来成分ばかりですから、肌に合う化粧品を探してエイジングケアに取り入れていきましょう。